子供の頃の結婚できない願望は全くアテにならない心配するな

私は子供の頃から二十歳過ぎ頃まで、結婚には希望が持てなかったので「きっと自分は結婚できないだろう」と思っていました。私の両親は決して不仲ではなかったので、両親を見て希望が持てなかったわけではありません。そうではなくて、隣近所や友人など、身近な周囲には離婚家庭などが多く、仲の悪い夫婦も多くいたのです。

そんな様子を見ているうちに、いつしか「結婚なんて、しても仕方がないのではないか」と思うようになっていったのでした。その思いは、思春期から青年期にかけて、私の心の中に静かに形成されていったのです。それは、二十代の前半くらいまで続きました。

そのように結婚に希望が持てなかった私でしたが、二十代の中頃、ある一人の女性との出会いによって気持ちに変化が起こり始めました。その女性は今の私の家内なのですが、彼女との出会いが、私の結婚観を変えたのです。正に、運命の出会いだったのではないかと感じています。

実際、私は今の家内と出会わなかったとしたら、今日でも独身だったと確信しています。自分から結婚相手を探すようなことは絶対にしなかったでしょうし、結婚に対する意欲もわかなかったに違いありません。私は家内との出会いによって、生涯独身の人生を歩まずに済んだのです。
結婚できない、と思っていた子供時代、これは幻想です。大人になれば何かが変わっていくのです。